賞味期限と消費期限の違いを理解していますか?

食品を購入する際、賞味期限を確認していますか?

少しでも新鮮な食品を買うために、賞味期限をチェックし、なるべく新しい商品を買おうとするのは、消費者として当然の行動でしょう。

夕飯前や閉店間際のスーパーへ行くと、惣菜や弁当など日持ちのしない食品に値引きシールが貼られ始めます。

普段は新しい商品を選んで購入していますが、この時ばかりは迷わずシールの貼られた古い食品を手に取ってしまうのですが、そもそも賞味期限と消費期限ってどう違うのでしょう。

消費期限とは、必ずその記載期日までに食べてください、期日を過ぎたものは食べられませんと言う意味で、大体5日以内の保存期限の食品に表示されます。

賞味期限とは、おいしく食べることのできる期限で、未開封ならば記載期日を過ぎてもすぐに食べられなくなることはなく、1週間以上保存できる食品に表示されます。

なるほど、消費期限は守らなければいけない期日ですが、賞味期限については自己責任と言う事です。

賞味期限が少々過ぎていても食べてしまう方もいれば、賞味期限前でも期限が近いから食べないという方もいらっしゃいます。

これらの期限は、未開封状態で指定の保存方法に従った場合の期限であることをお忘れなく。お金借りる 即日