漫画「寄生獣」は今読んでも面白い普及の名作

漫画「寄生獣」は染谷将太さん主演で実写映画化もされたため、名前くらいはご存知の方も多いのではないでしょうか。私も寄生獣の存在は映画の広告で初めて知り、レビューを見てみるとかなりの高評価であったため、漫画を読んでみました。まず驚いたのは、映画化されたのは数年前とそこまで古くありませんが、漫画が連載されていたのは1990年代とかなり古かったことです。たしかに漫画の絵柄は今風ではなく、なんとなく古っぽい感じがします。しかし、その内容は抜群に面白く、全10巻程度で完結しておりますが、内容やストーリー、まとめ方が非常に秀逸です。この漫画は謎の寄生生物が地球上に現れ、人間の脳に寄生し支配することで、人間を喰い尽くしていくという漫画です。そんな中、人間の乗っ取りに失敗し、主人公の右手に寄生してしまった通称「ミギー」がたまらなく可愛いです。寄生獣といってもその育った環境等で考え方や性格が様々であるのも、非常に面白いポイントだと思います。キレイモ 支払い方法