宣教師によって、ヨーロッパの各地に広まったお菓子ワッフル

ワッフルは、小麦粉、鶏卵、バター、牛乳、砂糖やイーストなどを混ぜ、醗酵させた生地を焼いて作られます。

ワッフルの原型は、古代ギリシャのパンの総称である「オベリオス」で、宣教師によってヨーロッパの各地に広まりました。

日本では菓子に分類されているワッフルは、アメリカでは、朝食や間食で食べられています。

ワッフルが有名なベルギーのブリュッセルとリエージュの名を冠した、ブリュッセルワッフルとリエージュワッフルがあります。

ブリュッセルワッフルは、長方形のサクサク、ふわふわした軽い食感です。 粉砂糖やシロップをかけたシンプルな食べ方、生クリームやアイスクリームをかけたボリュームのある食べ方や、ベルジアンチョコレートソースをかけた食べ方がお勧めです。

楕円形のリエージュワッフルは、歯ごたえのあるしっかりとした生地で食べごたえもあり、粒の大きなパールシュガーが入ったそのままでも食べられる甘さです。

ベルギーを旅行する機会があったら本場のワッフルをぜひ味わってみたいと思います。キレイモ 月額