健康のためといいつつただ食べたいから食べているだけの気がする

キャベツの千切りにはまっている。というか、キャベツの葉っぱを一枚一枚向いて料理に使うというのが、めんどくさいので、ざっくり大き目に切ってから、千切りにして、よく洗う、という調理方法に落ち着いただけだが。本当は一枚一枚洗ったほうが、きれいにはなるとおもう。刻んだキャベツは、その時の気分でえらんだ油であえて、その時の気分で選んだ調味料で味をつけて置いておく。今日はごま油と、味の素と、レモンペッパーであえて、焼いたトーストの上に、パリッと焼いたウインナーと一緒に乗せて食べた。明日は、割いたカニカマと混ぜて、コールスロードレッシングをかけようとか、カレー粉で炒めてまたトーストに乗せようとかいろいろ考えている。嵩があって食べごたえがあるのもうれしい。冬の間は、煮込む料理とか、ジャムのこととかを考えるのがたのしかったけれど、春になるとサラダのことを考えるのが楽しくなる。人の考えたサラダのレシピも試してみたいので、ちょっと調べてみようかなと思う。女性 ヒゲ脱毛