プロ野球選手のメジャー移籍に見る今と昔の違い。

メジャーリーグ挑戦。野球の聖地、本場で勝負がしたい。野球を小さな頃からやってきた選手にとっては夢の舞台といえます。大昔はメジャーなんて大きな壁。何しろ体が違うのだから、日本人が活躍できるはずがないなどと言われましたが、近年では日本で頭角が出れば「チャンスがあればメジャーへ」と志が出ます。自分がどこまで出来るのか?選手生命も人生も1回こっきりですから、チャンスがあればチャレンジしたい選手の希望はよく分かります。今のメジャー移籍への口火を切ったとされるのが野茂英雄さん。当時、口数が少なく、実行あるのみで通っていた野茂さんの行動には批判がありました。「生意気」「通用するはずがない」などとバッシングがあり、「野茂なら絶対活躍する!」というポジティブ論は少なかった気がします。ドジャースへの移籍が決まったから良かったものの、これがお流れになっていたら更にバッシングが強かった当時の日本社会。今ではドラフトにかかる高校生が「ゆくゆくはメジャーへ」なんて言っても、世間は気にもしなくなりました。先駆者は成功しなければ叩かれますが、後に続くものは成功、失敗いずれでもさほど賞賛、叩かれることもありません。何事にもチャレンジする大切さ、未開の地へ切り出す開拓精神は年齢問わずで大事なことだと感じました。ミュゼ 顔脱毛